「Lenovo Miix 2 8」をWindows 10からWindows 8.1に戻した後、リカバリメニューが使えなくなる件

「Lenovo Miix 2 8」を所有しているが、これが思いの外、Windows 8.1/10 について勉強させてくれている。以前、このタブレットの回復領域をUSBメモリに移動したことについて書いた。

このタブレットの本体に配置されているボタンは4つのみで、ボリューム調節ボタンの「上」を押しながら電源を入れることで「Novo Menu」という起動メニューに入ることができる。ここから「System Recovery」を選択することでWindows 8.1の「回復メニュー」にアクセスすることができ、トラブルシューティングやリカバリなどを行うことができるようになっている。

novo_menu recovery_menu

 

また、このタブレット、出荷時には Windows 8.1 が搭載されているのだが、普通に Windows 10 にアップグレードすることができる。そして、Windows 10 にアップグレードした後も普通に「System Recovery」も使える。

miix2_windows10
Windows 10 も使える

ただ、その後リカバリを使用してWindows 8.1にダウングレードすると、その後「Novo Menu」より「System Recovery」を選択しても通常起動のようにWindowsが起動されてしまい、回復メニューにアクセスできなくなってしまうようだ。アップグレード時に回復メニューが Windows 10 仕様に書き換えられてしまい、リカバリを通したダウングレードではこれが Windows 8.1 仕様に戻らないのかもしれない。

このままではなんだか気持ち悪いので、なんとかならないか色々調べてみた。

miix2_recovery_drive
回復ドライブの内容

そのうち、ResetConfig.xml というファイルにたどり着いた。

ResetConfig XML Reference
https://technet.microsoft.com/en-us/library/jj127002.aspx

Windows 8.1/10 でリカバリを行うと、どうやらこのファイルに書かれているようにパーティションが切られ、それらの内容が復元されるらしい。

ただ、不思議なことにこのディスク、ResetConfig.XML の他に ResetConfigAll.xml というファイルも存在する。

miix2_recovery_sources
ResetConfig と ResetConfigAll

ファイルを比較してみる。すると、差は一番最後の部分のみ。

ResetConfig_compare
二つのファイルを比較中。比較に仕様しているソフトは WinMerge。

リカバリイメージを復元するかどうかが設定されているようだ。なぜか左のファイルではリカバリイメージを復元する先が設定されていない。内臓パーティションからの復元が前提なので飛ばしているのか?

復元時にはResetConfig.xmlという名前を持つものが参照されるはずなので、試しにファイル名を変更して、もう一度リカバリしてみた。

miix2_rename
ファイル名を変更

miix2_recovery

するとどうか。

なんと、「Novo Menu」からの「System Recovery」が復活した。

recovery_menu

おまけに、削除してあったリカバリパーティションも出荷時に戻り、以後回復ドライブなしでもリカバリができるようになった。

ResetConfig.xml をリネームする前のリカバリでは、パーティションは再生されるものの、中身は空であり、回復ドライブより内容を手動で復元後 reagentc などのコマンドで登録する必要があったが、リネームした状態で行ったリカバリではこの辺りの設定がすべて自動に行われるようだ。

次回は、なぜこのファイルを差し替えるだけでこうも動作が違うのか、もう少し 調べてみる。

 

「Lenovo Miix 2 8」、回復領域を解放して使用可能領域を増やす

2013年の暮れに発売された「Lenovo Miix 2 8」を所有しているが、このタブレットは出荷時に Windows 8.1 を搭載しており、内蔵フラッシュメモリが 32GB もしくは 64GB となっている。

Lenovo Miix 2 8
http://shopap.lenovo.com/jp/tablets/lenovo/miix-series/miix2-8/

最近のパソコンはリカバリディスクが付属していないのが主流なのか、代わりにリカバリパーティション(回復領域)というものに約7GBの領域が割り当てられている。OSのアップデートや付属するOfficeをインストールした後では、使用可能な領域は所有する64GBモデルで39GB前後だった(32GBモデルでは8GB程度だという)。

そこで、このリカバリパーティションを USB メモリにコピーし、パーティションは削除してディスクのメイン領域として利用することにした。この手順については以下のようなサイトで解説されているし、普通の Windows の操作に組み込まれているので問題はないはず。

Miix 2 8 回復ドライブの作成方法と 約8GBの回復領域の削除について
http://ykr.ykr414.com/2014/01/06/lenovo-miix-2-8-review07/

もちろん、作成後の回復ドライブはバックアップをとり、また Miix 2 のリカバリパーティションは削除している。

これだけで使用可能ディスク領域は 7GB 増加した。△